ラベンダー色の気持ち

松本潤くんの小山慶一郎さんのファンです。アメブロの方で更新している時もあります。https://ameblo.jp/junkeipurple/

『永遠の二シパ』北海道先行放送

『永遠の二シパ』北海道先行放送がありました。

 

とてもとても深い内容に心打たれました。

 

全国放送でたくさんの方たちに観ていただける日が来ること、道民としてもとても嬉しく思います。

 

ネタバレはしないように・・でも当日の私の感想を少しだけお付き合いください。

 

☆始まった瞬間の私

美しい冬の景色と雄大な音楽。 中島みゆきさんのナレーションと潤くんの武四郎 もう涙が。。。

 

☆鑑賞後の私

素晴らしいドラマでした。 私の住む北海道も札幌も、松浦武四郎さんがアイヌの言葉をたいせつに漢字を当てはめたと今日知りました。 弱気ものに寄り添う正義の人を演じた松本潤さんの演技に引き込まれました。

 

☆そして今の私

999の深山先生も、永遠のニシパの松浦武四郎も、義憤にかられ正義をつらぬき闘う役を演じる松本潤くんが大好きだ。 彼の演じる正義は、私の中のちっぽけな負けそうな正義を支えてくれる。 ありがとう永遠のニシパ。

 

なんか北海道と名付けたのが潤くんのような錯覚にも陥っている。道産子感激。

『北海道にございます』

 

ありがとう・・・・『永遠の二シパ』

 

全国放送で全国のたくさんの方に観ていただけますように。

 

JR札幌駅『ドラマ永遠の二シパ』パネル展に行って来ました~そのに~

JR札幌駅『ドラマ永遠の二シパ』パネル展でいただいたパンフレットです。

 

 

B5サイズで4ページです。

 

 

潤くんのインタビューの文字おこしをしますね。

 

松本潤松浦武四郎

 松浦武四郎さんは、自分自身が何かアクションを起こすことで、本当に日本を変えられるんじゃないかと強く思って行動した人だと思うので、そのエネルギッシュな姿や行動力、実際の功績をしっかり伝わるように演じられたらいいなと思います。自分の足で測量し地図を作った松浦武四郎さんが実際に歩かれたであろう所を自分も歩けたということが、すごく貴重な経験でした。北海道の大きさを感じることができましたし、雄大な景色に圧倒されました。実際に北海道に来て撮影できたことが大きかったですね。

 北海道150年という節目の年に企画されたドラマですので、150年の歴史の始まり方というのを多くの方にふれていただきたいと思います。また、アイヌの人たちの文化や北海道の歴史、きれいな自然風景など、北海道の魅力を知っていただくきっかけになったら嬉しく思います。

 

北海道の視聴者の皆さんへメッセージ

 北海道の皆さん、松浦武四郎を演じました松本潤です。

 すごい作品になっていると思います。皆さんが住んでいる北海道の雄大さ、そして豊かな文化がきっちり紹介できる、きっとそんなドラマになっているのではないでしょうか。皆さんに観ていただける日を楽しみにしています。ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

放送はいよいよ明後日です。楽しみにしています(^^)

 

「永遠の二シパ」北海道新聞の記事

「北海道150年記念ドラマ・永遠の二シパ」いよいよ今晩、北海道先行放送です。

 

今朝の北海道新聞にも試写を見た記者さんのコラムが載っていました。

 

ローカルの新聞なので、お手元に届かない方のために文字起こしを・・・・

 

『 幕末の探検家松浦武四郎の半生を描いたドラマ。ロシアの南下に危機感を抱いて蝦夷地を歩いて調べるうち、商人によるアイヌ民族への酷使を改めようと奮闘する。

 

 ドラマでは、松本潤演じる松浦武四郎と、深田恭子宇梶剛士らがふんするアイヌ民族たちがアイヌ語で会話。今は展示に用いられるチセで実際に暮らす様子も描かれる。北海道という地名がまだなかった150年以上前、ここがアイヌ民族の土地だったことが分かる。

 

 一方で、商人によって働き盛りの多くのアイヌ民族が強制的に遠くの漁場に連行され、働かされた。ドラマはこうした不正をただそうとする武四郎の義憤に加え、蝦夷地の地形や地名などを克明に記録した探究心、アイヌ民族儀礼や踊りなどを絵にしたエピソードなどを描く。

 

 5月24日に施行されたアイヌ施策推進法は、アイヌ民族先住民族と位置づけ差別を禁止した。これで武四郎が目指した世の中になるのだろうか。そんなことを考えながら見るのもおもしろい。

(中村康利)』

 

北海道はライブも1年に1回くらい、番協もありませんので、このように地元で盛り上がることなど滅多にありません。

事前番組など、とても楽しく「永遠の二シパ」放送日まで過ごさせていただきました。

 

ありがとうございました。

 

北海道新聞さんの上のコラムにも登場する松浦武四郎さんの『正義感』『探究心』というワードは、私の中の松本潤さんへのイメージにも重なります。

 

しっかりとドラマを拝見させていただきます。

JR札幌駅『ドラマ永遠の二シパ』パネル展に行って来ました~そのいち~

永遠のニシパパネル展に来ました(^ー^)

 

北海道先行放送というこのなので、そのようなことは滅多にありません。

 

全国放送へ向けて盛り上がりを繋げたい!

 

道産子潤担としての使命感にメラメラ燃えて、JR札幌駅に行って来ました。

 

 

ありました。

 

このような感じです。

 

 

ドラマで潤くんが着用したお衣裳も展示してあります。

 

背は高いけれど、華奢でいらっしゃるように思いました。

 

うっとりしながら撮影です。

 

他にも、ファンの方がいらして皆さん譲り合いながら撮影。

 

右側にちらりと見えるのは、「ソリ」です。

雪道を走っていたソリ・・・と思うだけで感動します。

 

パンフレットも配布していて、ひとり1枚限定でいただくことができました。

(次のブログに、コメントを文字おこしさせていただきますね。)

 

道行くお客さんが「何?映画?」とお話しているのが聞こえました。

本当に映画のような美しい映像で、NHKのパネル展に行った時もNHKの方が「85分の作品です」と映画並みにしっかり作成したことをお話していたのを思い出しました。

 

明後日放送に向けて、もっともっと盛り上がるといいな。

 

パネル展を見せていただいた後、チカホを歩いて大通駅に行きました。

 

地下鉄大通駅改札前で、びっくり!!

 

大きな看板が登場していました。

 

とても美しい看板です。

 

 

大きすぎて一枚には収まらなかったので2枚に分けましたが、ひとつ前の写真とつながっています。

 

遠景です。

(道行く人も、こちら(私)がファンだと思って、そう~~っとカメラアングルを譲って下さる、温かい~~~。)

 

 

 

その後、改札を通り、地下鉄ホームに下って行く階段にも!!

 

 

 

階段でスマホは道行く人のお邪魔になるため、マッハの速度で激写したためブレブレで申し訳ありません。

 

「ドラマ永遠の二シパ」北海道先行放送まであと2日。

道産子潤担頑張って盛り上げたいと思います!!

 

放送が楽しみです!!!!!

 

 

その2に続きます(^^9

事前番組「まもなく放送!『ドラマ永遠の二シパ』」

北海道ローカルで「もうすぐ放送!『ドラマ永遠の二シパ』」という番組が放送されました。

 

全国の放送の前にももしかすると放送されるかもしれないので、ネタバレにならない程度にご紹介させてください。

 

ざざっとノートに書き留めたメモです。

 

■まもなく放送 『ドラマ永遠のニシパ』

 

 「ピリカーッ」と叫ぶ松浦武四郎

 

ピリカはアイヌ語で光とか輝くとかだったと思う。 

潤くんにも武四郎にも似合う言葉。

 

睫毛が長い松浦武四郎

 

松浦武四郎は北海道では小学校の授業で習う人です。

小学生の社会の授業「私たちの北海道」で習った松浦武四郎さんを潤くんが演じる令和元年。。。

 

可愛い・・・・

 

ちなみにロケは苫小牧市から車で入って行く山の中だそうです。

誰か転んでる!と画面に目をこらしたら、潤くんでした。

過酷なロケだったそうです。

 

アイヌの人たちの窮状を江戸に伝える松浦武四郎

 

アイヌ語を学ぶ潤くん。

 「スを強調ですか?」 真剣な表情。

 こういうところが撮影した土地の皆さんが「誠実」と語る松本潤

 

 

私は相葉くんが番組で来たアニマルパークもある南区の山のお祭りにジンギスカンを食べに行ったら、アイヌ民族舞踊のステージがあり、観ていたらステージにあげられて「バッタの踊り」を習いました。

難しかったけど楽しかったことを思い出しました。

 

途中、昨年の北海道胆振東部地震への潤くんの「お見舞いメッセージ」も入りました。

撮影も中断したそうですが、その後ますます「熱意を持って」撮影再開したとのこと。

 

■激寒の雪の中4時間にわたるロケ

冬は本当に寒いし朝顔が凍りそうになったりして

「お祖父ちゃん何で激寒の北海道に転勤で来てそのまま居ついたのさ!」

と思うこともありますが北海道に住んでいて良かったですありがとう松本潤

 

オールアップの時、「われらが武さん」とスタッフさんから拍手されとても嬉しそうな潤くんでした。

 

 

北海道新聞のインタビューでも。

北海道博物館「松浦武四郎展」にも足を運び、作品を作るうえでも「ドキュメンタリー重視か」「恋愛も重視か」など話し合いにも加わったとのこと。

ライブプロデュースの際にも見せる職人気質がここでも発揮されていて。

本当に完成された作品が楽しみです。

 

 

 

いよいよ今週金曜日北海道先行放送です。

しっかり潤くんの松浦武四郎を観たいと思っています。

 

 

東京喰種カフェを見つけた小山担のお話

札幌PARCOに買い物に行きました。

 
で、エスカレーターに乗ってると、ベルトのところに
 
 
 
え!東京喰種といえば、私の大好きな小山慶一郎さんが傾倒なさっているアニメ(マンガ)ではありませんかっ!
 
私はマンガが大好きですがアニメはあまり見ません。
 
何故かというと、1度見たら最後
 
はまりそうで怖いから~~~(笑)
 
禁断の扉を開くのは今なのでしょうか。
 
気になるので、カフェの開設されている4階に行ってみました。
 
 
 
エスカレーターを降りると、床に矢印!
 
 
 
 
カフェの入口まで来ましたが敷居が高いので逃げ帰りました(笑)
 
 
しかし!小山担として、慶ちゃんの好きな「東京喰種」の特設カフェに行かないわけには。。。。
 
というわけで、アニメを見るなり、原作を読むなり、しかと「東京喰種」を予習してから、カフェに参戦(参戦なのか)したいと思います。
 
 
ではまた💜
 
 

 

ザ少年倶楽部でチャラ小山さんと潤くんの文字に会えたよ。

今「ザ少年倶楽部」を観ていたんですけれど・・・・

 

20周年をふりかえるということで(おめでとうございます)

 

ならば、司会をしていた小山さんが出るかもしれないではありませんかっ?

 

と狙いを定めていたわけです。

 

わ~~~い!当たり~~。

ちゃらい~~~。

 

でも萌え袖は今も変わりませんね。くすくすくす。

 

真ん中のぼくちゃんは川島如恵留くんです。

まだ声が高い~~。

 

いやなんかこの小山さん見てドキドキする(真顔)

 

そのあと、河合君の「仕事では誰にも負けたくない」のリバーブとか爆笑してみていたんですが・・・・

 

そのあと「お宝博物館」でも事件がっ

 

この番組が始まる時にジャニーズの人たちに「ザ少年倶楽部」の文字を書いてもらって、その中からタイトル文字を決めたんですって。

 

松本潤さんの文字ですっ!

そんなだいじな時に書いたのに、潤の門構えが略字~~!!!

潤くん、何故略字???

 

可愛い。

 

慌てて撮ったので、ぶれぶれですが・・・

 

 

被っている金の髪の人は平野紫耀くんです。

 

 

少年倶楽部ありがとうございました(^^)