ラベンダー色の気持ち

松本潤くんの小山慶一郎さんのファンです。アメブロの方で更新している時もあります。https://ameblo.jp/junkeipurple/

「永遠の二シパ」北海道新聞の記事

「北海道150年記念ドラマ・永遠の二シパ」いよいよ今晩、北海道先行放送です。

 

今朝の北海道新聞にも試写を見た記者さんのコラムが載っていました。

 

ローカルの新聞なので、お手元に届かない方のために文字起こしを・・・・

 

『 幕末の探検家松浦武四郎の半生を描いたドラマ。ロシアの南下に危機感を抱いて蝦夷地を歩いて調べるうち、商人によるアイヌ民族への酷使を改めようと奮闘する。

 

 ドラマでは、松本潤演じる松浦武四郎と、深田恭子宇梶剛士らがふんするアイヌ民族たちがアイヌ語で会話。今は展示に用いられるチセで実際に暮らす様子も描かれる。北海道という地名がまだなかった150年以上前、ここがアイヌ民族の土地だったことが分かる。

 

 一方で、商人によって働き盛りの多くのアイヌ民族が強制的に遠くの漁場に連行され、働かされた。ドラマはこうした不正をただそうとする武四郎の義憤に加え、蝦夷地の地形や地名などを克明に記録した探究心、アイヌ民族儀礼や踊りなどを絵にしたエピソードなどを描く。

 

 5月24日に施行されたアイヌ施策推進法は、アイヌ民族先住民族と位置づけ差別を禁止した。これで武四郎が目指した世の中になるのだろうか。そんなことを考えながら見るのもおもしろい。

(中村康利)』

 

北海道はライブも1年に1回くらい、番協もありませんので、このように地元で盛り上がることなど滅多にありません。

事前番組など、とても楽しく「永遠の二シパ」放送日まで過ごさせていただきました。

 

ありがとうございました。

 

北海道新聞さんの上のコラムにも登場する松浦武四郎さんの『正義感』『探究心』というワードは、私の中の松本潤さんへのイメージにも重なります。

 

しっかりとドラマを拝見させていただきます。